ヒゲ脱毛計画

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロン、医療脱毛をご紹介

脱毛の肌荒れは防ぐことができるの?

公開日:

hadaare_01

脱毛について調べていると、肌へのダメージや肌荒れについて気になる人もいると思います。特に敏感肌や肌が弱い人は気になるのではないでしょうか?

脱毛は、肌にレーザーや光を照射して熱を発生させるわけだから、少なからず肌への負担はあります。

では、すべての人が肌荒れするかと言えば、答えはNOです。そしてほとんどの人が肌荒れ赤く腫れることなく綺麗に脱毛することができます。

脱毛で肌が荒れる原因と肌荒れしない方法をご紹介します。

脱毛で肌が荒れる原因

脱毛は、レーザーでも光でも電気でも、熱を発生させて毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織の働きを抑止することに変わりありません。

この「脱毛するときの熱」が肌への負担となり肌荒れを引き起こします。

そのため
・熱が強いか弱いか?
・肌に近いところかどうか?
で肌への負担の度合いが変わります。

脱毛方法の違いによる肌への負担

脱毛方法の違いによる肌への負担は以下の通りです。

光脱毛 レーザー脱毛 美容電気脱毛
熱の強さ 弱い 強い 強い
肌への近さ 近い 近い 遠い
肌への負担 nijuumaru弱い sankaku強い maru中間

単純に肌への負担だけを考えると、光脱毛が一番負担が軽く、レーザー脱毛が一番負担が大きいです。美容電気脱毛は「絶縁針(プローブ)」を使うので、肌に直接の負担はありませんが、毛穴への負担が大きいため、毛穴自体が赤く腫れることがあります。

脱毛で肌荒れを防ぐためには

脱毛後の肌ケアが充実しているお店を選ぶ

肌荒れするかどうかは、脱毛直後の肌ケアが大きく関係しています。

脱毛サロンでもクリニックでも、脱毛後はアイシングをするのですが、このアイシングの充実度はお店によってバラつきがあります。

お店によっては、濡れたウェットティッシュのようなものを乗せるだけのところもありますが、これではアイシングになりません。アイシングが充実していないと、肌の赤みや腫れが残ったり、毛穴が炎症する毛のう炎の危険性が高くなってしまいます。

僕が脱毛を受けた中でアイシングが充実しているのが、

脱毛サロンだと、RINX(リンクス)、メンズTBC
クリニック(医療脱毛)だと、湘南美容外科クリニック、メンズリゼクリニック、ゴリラクリニックです。

肌荒れが気になる人は、脱毛効果とともに、脱毛直後の肌ケアにも注目してお店を選ぶようにしましょう。

光脱毛(フラッシュ脱毛)を選ぶ

レーザー脱毛や美容電気脱毛は肌への負担が大きいです。アイシングが充実していても、肌が赤くなったり腫れてしまう人はいます。

通常、2,3日すれば赤みや腫れは無くなるのですが、ヒゲ脱毛は一番目立つ顔の脱毛なので心配になる気持ちもわかります。

肌への優しさを最優先にしたい人は、一番負担の少ない光脱毛(フラッシュ脱毛)を選びましょう。

ヒゲが薄くなるまでに脱毛回数はかかりますが、肌荒れの心配はありません。RINX(リンクス)のようなメンズ専門の脱毛サロンなら、脱毛機も男性専用に開発されていて、脱毛効果は高く肌への負担の少ない光脱毛なのでおすすめです。

管理人はどこでヒゲ脱毛したのか?

僕も敏感肌で肌荒れは気になりましたが、ヒゲ脱毛をしたのは湘南美容外科クリニックでした。

湘南美容外科クリニックを選んだ理由は

・少ない回数でツルツルにしたい
・回数無制限のヒゲ脱毛コースがある
・アイシングが充実している
・万が一肌荒れしても医師が診察してくれる

という部分です。

特に「万が一肌荒れしても医師が診察してくれる」というのが心強かったです。

最初のカウンセリングで「赤みや腫れがしばらく残ることが稀にあるが、診察して軟膏を処方するなど治るまでしっかり対応する」との説明があったので、安心して脱毛することができました。

実際には、アイシングが充実していたので赤く腫れたり肌荒れすることもほとんどなく、ちょっとだけ残った赤みも軟膏を塗ることでその日のうちに治まっていました。

クリニックで受ける脱毛(医療脱毛)には、何か肌トラブルが起こった時に、すぐに医師が診察してくれるというメリットがあります。

もちろん、脱毛自体の負担を極力少なくするために光脱毛を選択するのもひとつですが、アフターケアの充実度でクリニックを選ぶ方が、個人的には安心できると思います。

 - 肌や体への影響, 脱毛の基礎知識