ヒゲ脱毛計画

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロン、医療脱毛をご紹介

ヒゲを脱毛するとハゲるのか?脱毛とハゲの関係

公開日:

ヒゲ脱毛について調べていると、ヒゲを脱毛するとハゲるという情報があります。

ヒゲを脱毛すると、ヒゲを伸ばすために使われていた男性ホルモンが髪の毛に集中するためハゲやすくなるのだとか。

確かに、ヒゲの濃さも髪の毛が薄くなるのも男性ホルモンが関係しています。髪の毛が薄い男性はヒゲが濃い人も多いですよね。

でも、本当にヒゲを脱毛すると髪の毛も薄くなるのでしょうか?

ヒゲ脱毛とハゲの関係

ヒゲ脱毛した管理人の頭髪を確認

まずは下の写真を見てください。

hage_01

これは今現在の僕の生え際から髪の毛全体の写真です。

どうでしょうか?ツヤのある太くてしっかりした髪の毛が生えていますよね。

僕は30歳のときにヒゲを脱毛して、今は36歳なので脱毛してから6年経ちます。6年経った今でもヒゲは生えてないし髪の毛も薄くなってません。

僕ひとりの結果でしかありませんが、少なくとも僕はヒゲ脱毛してもハゲる気配はありません。しっかりとした髪の毛がフサフサと生えています。

ヒゲとハゲは関係ない

そもそも、ヒゲと頭がハゲることは関係ありません。

確かに同じ男性ホルモンが関係しているのですが、メカニズムが全然違います。

男性ホルモンの主成分である「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という成分が結びついて「ジヒドロテストステロン」という成分が生成されます。このジヒドロテストステロンが髪の毛の生成を阻害して髪の毛の成長を抑止するため髪の毛が薄くなります。

hage_02

男性ホルモンであるテストステロンが多くても、5αリダクターゼとの結びつきが弱い人は髪の毛が薄くなることはありません。

また、「ヒゲの成長に使われていた男性ホルモンが髪の毛に集中する」という情報も全くのデタラメです。

ヒゲ脱毛では、ヒゲを生成する毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織を破壊するだけで、テストステロンの働きを抑えるわけではありません。

ヒゲが濃い人はハゲやすい

ヒゲを脱毛したからハゲるわけではありませんが、ヒゲが濃い人がハゲやすいのは事実です。男性ホルモンの分泌量が多ければ、ヒゲも濃くなりやすいし、ハゲの原因である「ジヒドロテストステロン」も生成されやすいのでハゲやすくなります。

そのため、もしヒゲ脱毛した後に髪の毛が薄くなったとしても、それはヒゲ脱毛の影響ではなく元々ハゲやすかったというだけです。ヒゲを脱毛してもしなくても、そのタイミングでハゲ始めたことに変わりはありません。

ハゲはヒゲがあった方がカッコいい?

そうなると考えてしまうのが、もし自分が遺伝的にハゲやすいとわかっているのなら、ヒゲを残した方がいいんじゃないか?ということです。

髪の毛がハゲたときはヒゲが生えていた方がオシャレになります。レオンやマデュロなどのメンズファッション誌を見ても、ハゲててもダンディなオヤジは短髪にしてオシャレなヒゲを蓄えています。

僕は幸い遺伝的にハゲ家系ではなかったので、ハゲる心配はしないで全てのヒゲをツルツルに脱毛しました。

もし自分が将来的にハゲるかもしれないのであれば、ほほやアゴ下のヒゲは脱毛して、鼻下やアゴのヒゲはある程度残した方がいいかもしれませんね。

もちろん、ハゲるかどうかわからない将来を考えるより、今生えているヒゲのストレスを解消したい!という方を優先させるのも大事ですが、今の脱毛技術なら、ヒゲを自然に残しつつストレスにならない程度に薄くすることもできるので、自分がオヤジ(ジジイ)になったときを考えて「ヒゲをあえて少し残す」のもいいかもしれませんね。

 - ヒゲ脱毛の基礎知識