ヒゲ脱毛計画

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロン、医療脱毛をご紹介

【オシャレヒゲの長さ】ヒゲのデザインは何ミリが一番カッコよく見えるのか?

公開日:

hige_nagasa

今はヒゲもオシャレに伸ばす時代です。

ひと昔前なら、ヒゲを伸ばしている人は、ちょっと珍しかったり清潔感をもって見られることはありませんでした。

今は、ヒゲを伸ばすのも当たり前の時代で、アパレル関係の人を中心に「オシャレにヒゲをの伸ばす人」も多くなっています。

ヒゲ脱毛をする人の中にも「ヒゲをオシャレに残したい」という人も多く、鼻下やアゴは薄くする程度でデザインする人が増えています。

さて、そんなオシャレヒゲ(デザインヒゲ)ですが、デザインするときに気になるのが、残すヒゲの長さです。

ヒゲ専用のバリカンには、大体「3ミリ、6ミリ、9ミリ」といったように、長さの調節ができるようになっています。

実際、どのくらいの長さがオシャレヒゲには最適なのでしょうか?

オシャレヒゲに最適な長さ

ヒゲをデザインしたときに一番オシャレに見える長さは「6ミリ」です。

3ミリだとヒゲの手入れをしてないただの無精髭に見えてしまうし、9ミリだと長すぎてモッサリした印象になってしまいます。どちらも清潔感がありません。

もちろん、ヒゲの長さにこだわりがあるなら別ですが、一番清潔感がありオシャレなヒゲとして印象を与えるのが6ミリです。

オシャレヒゲのときに気をつけたいこと

ヒゲをオシャレに伸ばすといっても、単に手入れもせずに伸ばすだけではオシャレではありません。よくそういう人がいますが、オシャレどころかより不潔感をもって見られてしまいます。

ヒゲを伸ばすときは、以下のようなことに気をつけたいところです。

まめに手入れをする

ヒゲを伸ばす時のメリットのひとつが、毎日手入れをしなくていいこと。

サラリーマンのように、ヒゲのない顔を維持するためには毎日ヒゲ剃りが必要です。毎日のヒゲ剃りが煩わしかったり、カミソリ負けが嫌でヒゲを伸ばす人もいるでしょう。

ですが、そのようなときでも、3日に1度、せいぜい5日に1度は伸びてる部分のヒゲも手入れするようにしましょう。

季節や体調にもよりますが、ヒゲは1日平均0.3~0.4ミリ伸びます。
1日に0.4ミリ伸びると5日では2ミリ。もし6ミリで調節したヒゲなら8ミリくらいまで伸びることになります。

前述のとおり、9ミリまで伸びるとかなりモッサリとした印象を与えてしまうため、5日ヒゲを手入れしないと、オシャレではなく手入れのなってないカッコ悪いヒゲになってしまいます。

生えてない部分の青ひげはカッコ悪い

これは、ヒゲの濃い男性の場合仕方ないことなのですが・・・

オシャレにヒゲをデザインしたとき、ヒゲの生えてない部分の青ひげはカッコ悪いです。

ヒゲを伸ばす人の中には、ヒゲの煩わしさを軽減させるためだったり、青ひげを目立たなくするためなど、ストレスやコンプレックスを解消するために伸ばす人もいます。

ですが、ヒゲをオシャレに伸ばしていても、ほほや鼻下などヒゲを剃っている部分が青いとカッコ悪さは否めません。見る人が見れば「ヒゲが濃くて青さを隠すために伸ばしてるんだな、てか隠せてないよ」と丸わかりです。

ヒゲを剃る部分は脱毛した方がいい

もしヒゲの濃さを目立たなくするためにヒゲを伸ばすのであれば、ヒゲを伸ばさない鼻下・ほほなどは脱毛した方がいいです。

ヒゲを伸ばす部分についても、何回か脱毛してヒゲを薄くしたり間引きした方が、ずっと清潔感がありカッコいいデザインヒゲになります。

やはり、オシャレにヒゲを伸ばしても、ほほや鼻下に残る青ひげはカッコ悪いです。せっかく長さを手入れしても、1本1本のヒゲが太くて密集していると、モッサリとした印象になってしまいます。

ヒゲが濃い人も、普通の人も、オシャレにヒゲを伸ばすのであれば、ヒゲを伸ばさない部分は脱毛でヒゲを生えない状態にして、伸ばす部分もある程度間引きする方が、キレイで好印象のヒゲになります。

ヒゲはただ単に伸ばせばカッコよくなるものではありません。

理想の長さ、理想のヒゲの濃さがあって初めてカッコいいオシャレなヒゲになります。

オシャレヒゲにするときも、ぜひヒゲ脱毛でデザインすることを考えてみてください。手入れもずっと楽になるし、適度な薄さの清潔感のあるオシャレヒゲになりますよ!

ヒゲをデザインするときにおすすめの脱毛店の比較表を見てみる

 - ヒゲの悩み・疑問