ヒゲ脱毛計画

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロン、医療脱毛をご紹介

【ヒゲ脱毛のリスク】火傷や赤みが残る?硬毛化・増毛化とは?

最終更新日: 公開日:

hige_risk

ヒゲ脱毛は、レーザーの熱や電気を利用して発毛組織にダメージを与える方法だから、全くリスクがないということはありません。

ネットを調べていても、ヒゲ脱毛のいい部分しか書いてないサイトか、逆にリスクを強調して不安を煽るようなサイトが多いです。

当サイトでは僕のヒゲ脱毛の経験から、できるだけ公平にヒゲ脱毛のメリット・デメリットをまとめようと思っています。そのため、ヒゲ脱毛のリスクも包み隠さず記載していきます。

今回は、「ヒゲ脱毛にはどのようなリスクがあって、どのような対処法があるのか」ということについてまとめようと思います。

ヒゲ脱毛のリスク

ヒゲ脱毛のときに起こり得るリスクは以下のようなものがあります。

  • ヒゲ脱毛直後の赤み、腫れ
  • 毛嚢炎(もうのうえん)
  • 硬毛化、増毛化
  • 火傷(やけど)

ヒゲ脱毛直後の赤み、腫れ

脱毛時に発生する「熱」が原因で、脱毛直後に肌が赤くなったり腫れたりすることがあります。程度に個人差がありますが、ほとんどの人が赤くなったり腫れたりします。

大体は、脱毛直後のアイシングで赤みも腫れも引くし、残ったとしても翌日には治まります。肌が弱い人は2,3日続くことがありますが、クリニックなどで処方される軟膏を塗ることで治まります。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎は、毛根を包んでいる「毛包」と呼ばれる部分が細菌感染を起こして、毛穴が膿で白くなったり赤いブツブツ(発疹)のような状態になることです。

脱毛は、ヒゲを生成するための発毛組織(毛乳頭や毛母細胞)にダメージを与えてヒゲを生えなくさせる方法です。一時的に抵抗力が弱くなり、菌が侵入して炎症が起こりやすい状態になります。

通常は清潔に保っていれば発生しないのですが、不衛生だったりスクラブ入りの洗顔フォームなどを使用すると、毛嚢炎の発生リスクが高くなります。

硬毛化、増毛化

硬毛化・増毛化とは、脱毛したムダ毛が脱毛前より濃くなったり太くなったりする症状です。

はっきりした原因はわかっていませんが、ダメージを与えて破壊する発毛組織が、レーザー照射によって抵抗力が高くなり、逆にムダ毛が活性化されて濃くなると考えられています。

硬毛化や増毛化は一時的なものであり、そのまま脱毛を続けていれば再びムダ毛は薄くなって、生えなくなる状態にすることも可能です。

火傷(やけど)

脱毛時に発生する「熱」が原因で、ごく稀に火傷が発生する場合があります。

火傷といっても痕が残るような深刻な火傷は、当サイトでご紹介しているクリニックやエステサロンではありません。

例えば、医療レーザー脱毛を扱うメンズリゼクリニックでは症例を公開していて、「14万件以上の脱毛実績のうち火傷が発生したのが7件で、痕が残るようなケースは1件もない」としています。

脱毛技術や脱毛機も年々進歩しているので、火傷のリスクは心配しなくてもいいでしょう。

リスクの対処を考えたお店選び

上記のようなリスクは、脱毛をすれば起こり得ることです。
毛嚢炎や火傷などは滅多に起こりませんが、それでもゼロであるとは言い切れません。

そのようなリスクを考慮すると、やっぱり僕は医療資格のあるクリニックでのヒゲ脱毛が一番いいと考えています。

クリニックなら、万が一のトラブルが発生しても、担当医師が診察・処置してくれます。脱毛で起こった症状は無償で治療してくれるクリニックがほとんどです。

腫れや赤みなら放っておいても治まることがほとんどですが、毛嚢炎や火傷はしっかりと治療しないと痕が残ってしまうことがあります。そしてその治療は自分では当然できません。

リスクの対処を考えたときに、治療ができるクリニックは外せません。

ヒゲ脱毛は顔の脱毛です。
顔は体の中心。常に人の目につく部分だし隠しようがありません。

隠せれば毛嚢炎や火傷になってもいいのかというとそうではありませんが、万が一のことを絶対に起こしたくない部分です。

ヒゲ脱毛のリスクを過度に心配する必要はありませんが、リスクも考慮すると、すぐに診察・処置してくれる脱毛クリニックがヒゲ脱毛には適しています。

特に、上記でもご紹介した「メンズリゼクリニック」はオススメです。

公式サイトで、脱毛のリスクをしっかりと提示して、万が一が起こった場合の対処内容も詳細に記述しています。

rize_02

このようなマイナス面を包み隠さず記載して、その対処内容も提示してくれると、好感が持てるし安心して脱毛を受けることができます。

 - ヒゲ脱毛の基礎知識