ヒゲ脱毛計画

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロン、医療脱毛をご紹介

濃いヒゲや青ひげは日焼けをすると目立たなくなるのか?

公開日:

hiyake

ヒゲが濃い人や青ひげが目立つ人は、なんとか目立たないようにしたいと考えますが、その方法の1つとして「日焼けをする」というのがあります。

日焼けをして色黒になると、ヒゲの黒さに近づいてヒゲが目立たなくなるという理由です。確かに腕毛やすね毛が濃い人も、日焼けして肌の色が黒いとそれほど目立たない印象がありますよね。

ヒゲも同じように日焼けすると目立たなくなるのでしょうか?

日焼けするとヒゲはどうなるか?

日焼けするとヒゲ自体は目立たなくなります。ただし、ヒゲ剃り後の青ひげは逆に目立つようになってしまいます。

黒いヒゲ自体は目立たなくなる

日焼けするということは、肌が黒くなるということです。

もちろん真っ黒なヒゲのように黒くはなりませんが、今までの肌の色よりはヒゲの色に近づきます。そのため、日焼けをすることで黒いヒゲ自体は目立たなくなるんです。

黒い肌に青ひげの青さが際立つ

ただし、青ひげは肌が黒くなればなるほど目立ってしまいます。

青ひげは、完全な青というよりも「白っぽい青」という感じです。色が白くても目立つのですが、色が黒くなるともっと目立ちます。青さが光って際立つような感じです。

もし、青ひげのカッコ悪さ隠すために日焼けをするというのなら、日焼けは全くの逆効果になってしまうのでやめた方がいいでしょう。

日焼けによるヒゲへの悪影響

青ひげのカッコ悪さを目立たせてしまうこともありますが、日焼けをすることで肌やヒゲに悪影響を及ぼすことがあります。

肌が荒れてヒゲが剃りにくくなる

普段から日焼けすることに慣れてない人は、日焼けをすると肌が荒れやすくなります。ガサガサ肌になったり、毛穴が盛り上がってゴツゴツとした肌になることもあります。

日焼けをして肌が荒れると、ヒゲも剃りにくくなります。

ヒゲが剃りにくくなるということは、ヒゲがしっかり剃れないということで、無精髭や青ひげを助長してしまう可能性があります。

日焼けでヒゲが濃くなる

実は、日焼けをするとヒゲが濃くなる場合があります。

日焼けとは、肌が焼ける(軽度の火傷をする)ということです。
軽度の火傷から肌を回復させるときに発生する「メラニン色素」が、そのまま角質に定着して肌が黒くなっていきます。

この「肌を回復させる」過程で、毛穴の中の発毛組織(毛乳頭や毛母細胞)が活性化されて、ヒゲが濃くなることが報告されています。

もちろん、日焼けをした全ての人のヒゲが濃くなるわけではありませんが、ただでさえ濃いヒゲや青ひげで悩んでいるのに、これ以上濃くなったら嫌じゃないですか?

濃いヒゲ・青ひげは「ヒゲを無くす」しかない!

日焼けをすればヒゲ自体は目立たなくなりますが、肌にダメージがあることだし、青ひげが目立ったりヒゲが濃くなる場合もあるので割に合いません。

濃いヒゲも青ひげも「ヒゲが濃くて多すぎる」から目立つので、それを目立たなくさせるためには、ヒゲを無くす(薄くする)しかありません。

他にもヒゲを薄くするために

  • ヒゲを深剃りする
  • 抑毛ローションを使う
  • ムダ毛が薄くなる食事をする

といった方法があります。

ですが、どれも効果が期待できるものではありません。食事に至っては、ムダ毛が薄くなる食事なんてものはありません。

ヒゲを薄くする、青ひげを無くすためにはヒゲ脱毛しかありません。

強引に当サイトのテーマにつなげた感がありますが(笑)

でも、実際にヒゲの悩みを抱えて、日焼けも抑毛ローションも食事も試した僕が言うのだから間違いありません。自分でヒゲを薄くすることはできません。

濃いヒゲが煩わしかったり、青ひげにコンプレックスを抱えているのなら、余計なことはしないで、ぜひヒゲ脱毛を受けてください。

ヒゲ脱毛の効果はそれほど確実だし、ヒゲの悩みが大きければ大きいほど、確実に満足できる結果になりますよ!

 - ヒゲの悩み・疑問