ヒゲ脱毛計画

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロン、医療脱毛をご紹介

ほくろがあると脱毛できないのか?

公開日:

レーザー脱毛や光脱毛は、日焼けした色黒の肌には使用できません。黒色に反応するレーザーの特性を利用してムダ毛を照射するため、肌の色が黒すぎると肌に反応してしまうからです。

「肌 黒い」といえば日焼けだけではありません。「ほくろ」も黒色です。

肌にほくろがある場合、脱毛はどうなるのでしょうか?

脱毛のとき「ほくろ」はどうなるのか?

結論から言うと、基本的にはほくろがある箇所は脱毛することができません。

ほくろの黒色に反応して、肌が赤く腫れたり火傷してしまうこともあるため、ほくろを避けてレーザーを照射します。そのため、ほくろに生えたムダ毛やほくろ周りのムダ毛は脱毛できません。

ですが、「基本的に」といったのは、例外としてほくろがあっても脱毛できることがあるからです。

ほくろがあっても脱毛できる条件は

・ほくろが小さい場合(1cm未満)
・レーザー脱毛の場合
・お店の方針

です。

ほくろがあるときの対応

前述のとおり、ほくろがあるときは、ほくろの条件や扱うレーザーの種類によって対応が異なります。

ほくろに白いシールを貼って保護する

光脱毛を扱う脱毛サロンや一部のクリニックでは、ほくろに白いシールを貼ってレーザーが照射されてにように保護します。

hokuro_01

白いシールを貼っておけばレーザーが反応しないので、ほくろを避けたりすることなく脱毛機を使用できます。

普通の肌と変わらない感じで脱毛できますが、ほくろに生えたムダ毛やほくろ周りのムダ毛は脱毛されずに残ります。

そのままレーザーを照射してしまう

ほくろが小さくて薄い色(肌色に近い色)の場合、レーザーが反応しないのでそのまま照射することもあります。最初の脱毛の前の肌チェックで、スタッフさんや医師が大丈夫かどうか判断してくれます。

また、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーを扱う医療レーザー脱毛の場合、小さいほくろならレーザー照射で一緒に除去できます。

僕が腕毛とヒゲの脱毛をした「湘南美容外科クリニック」では、目立たないような小さいほくろなら、そのままレーザーを照射します。数回脱毛を受けるうちに、ほくろが綺麗に消えてしまいました。

もちろん、直径が1cm以上あるような大きいほくろや色の濃い(黒い)ほくろは脱毛できないし、レーザーの種類もあります。お店の方針もあると思います。

ただ、美容整形も行うクリニックであれば、大きいほくろがある場合でも「ほくろ除去」がスムーズにできるというメリットがあります。ほくろが気になる人は、ほくろ除去も一緒にできるクリニックを選ぶという選び方もいいですね。

ほくろも一緒に消えた脱毛体験談

僕が腕毛の脱毛をしたとき、腕には4つくらいのほくろがありました。

1つは肘の上くらいにあった大きなほくろ。
残り3つは小さくて色も茶色のような薄いほくろ。

肘の上の大きなほくろ

肘の上の大きなほくろは、そのままレーザーを照射することができないので、美容外科の「ほくろ除去」を勧められました。

せっかく脱毛するなら綺麗な腕になりたかったし、肘の上のほくろは気になっていたので、脱毛前に美容外科のほくろ除去を受けてほくろを消しました。

ほくろを残したい場合はほくろ除去を受ける必要はありません。但しその場合はレーザー脱毛であっても、ほくろから生えるムダ毛やほくろ周りのムダ毛は脱毛できません。

色が薄くて小さなほくろ

色が薄くて小さなほくろは、そのままレーザーを照射しました。

そのときの経過が以下の写真です。

hokuro_02

僕の左腕の写真ですが、脱毛前にあった小さなほくろが脱毛後は綺麗に消えています。

Before写真がツルツルなのは脱毛前にムダ毛処理(剃毛)しているからです。普段は太くて濃いムダ毛がモジャモジャ生えていました。

医療レーザー脱毛なら、このくらいのほくろなら消えてしまいます。

もちろん、脱毛前の担当医師の判断にもよりますが、ほくろが多い人は、無条件でNGとなる脱毛エステよりも、ほくろが消えてしまうレーザー脱毛を選びましょう。

ほくろは無くてもいいものだし、脱毛するときに一緒に消えてしまうのなら、これほどお得なことはありません。

 - 肌や体への影響, 脱毛の基礎知識