ヒゲ脱毛計画

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロン、医療脱毛をご紹介

ヒゲ脱毛で肌の老化が早くなるって本当?

公開日:

rouka

ヒゲ脱毛をすると肌の老化も早くなるという情報があります。

ヒゲ脱毛のレーザーや光で肌に負担がかかると、肌がダメージを受けて老化が早くなるという理由のようです。

でも、本当にヒゲ脱毛で肌が老化しやすくなるのでしょうか?もしそうだとすると、どういう理由で老化が早くなるのでしょうか?

肌の老化が早くなる理由

結論から言うと、ヒゲ脱毛で肌の老化は早くなりません

ヒゲ脱毛のダメージといっても一時的なものだし、長く続くわけではありません。10回くらいの脱毛では肌が老化するほどダメージも蓄積しません。

ただ、ヒゲが濃い人は肌の老化が早くなる傾向にあります。それは、濃いヒゲを何とかしようとする行動が肌の老化を早めてしまっているからです。

カミソリやシェーバーでヒゲを剃ること

カミソリやシェーバーでヒゲを剃ると肌に負担がかかります。

敏感肌の人だとカミソリ負けの痛みとして実感しやすいかもしれませんが、カミソリ負けしない人でもヒゲを剃る行為が肌にダメージを与えています。

特にヒゲが濃い人は「しっかり剃る」「深剃りする」といった意識が強くなりがちです。深剃りするということは、カミソリが強く肌に当たったり何回も同じ箇所を剃ることになります。

つまり、ヒゲ剃りで肌表面も一緒に削り取っているわけです。

これが毎日続けば当然肌は傷みます。傷んだ肌は回復させようと肌の再生(ターンオーバー)を早めて、結果として老化が早まるわけです。

硬いヒゲが毛穴を押し上げる

深剃りしなくても、ヒゲが薄い人より肌のダメージが大きくなる理由があります。それは硬いヒゲが毛穴を押し上げていること。

ヒゲが濃いと肌がゴツゴツした感じになりませんか?ツルッと滑らかな肌になりませんよね。もちろん人によって個人差がありますが、ゴツゴツ肌の人は多いです。

硬いヒゲが毛穴の周りの皮膚を押し上げていることがゴツゴツの原因ですが、ゴツゴツした状態のところにカミソリやシャーバーの刃が当たると、これまた肌を傷めます。

硬いヒゲが原因で結果として「ヒゲ剃りで肌を傷める→肌の老化が早くなる」となってしまいます。

肌を老化させない方法

肌の老化が早くなると

  • シワが増える
  • シミが増える
  • 顔が脂っぽくなる
  • 肌がゴツゴツしやすくなる

といった状態になります。

ただでさえヒゲが濃くてカッコ悪い状態なのに、これ以上肌の悩みとか作りたくないと思いませんか?

ヒゲを剃らない

肌を老化させない方法は、ヒゲを剃らないことです。

深剃りにしろ何にしろ、ヒゲを剃ることで肌が傷ついて老化を早めるのだから、ヒゲ剃りをやめれば肌にダメージを与えることもなくなります。

・・・でも、それって現実的じゃないですよね?

ファッションとかアパレル関連の仕事の人ならヒゲを伸ばすこともできるかもしれないけど、サラリーマンとかだとヒゲを剃らないわけにはいきません。大体ヒゲの薄い人だってヒゲを剃らなければ無精髭やうぶ毛でひどいことになってしまいます。

ヒゲ脱毛でヒゲを無くしてしまう

ということで、解決策はひとつ。ヒゲ脱毛です。

hige_hikari

「強引に結びつけたなw」と思うかもしれませんが、当サイトはヒゲ脱毛を紹介するサイトなので、そこはご容赦ください(笑)

でも、ヒゲ脱毛以上の解決策はないし、ヒゲ脱毛は肌の老化を防ぐこと以外のさまざまなメリットがあります。

まず、ヒゲ脱毛をしてヒゲが生えなくなればヒゲ剃りの必要がなくなります。ヒゲを剃らなくなるのだから肌へのダメージもありません。

またヒゲ脱毛をすることで

  • カッコ悪い青ひげが消える
  • カミソリ負けの痛みがなくなる
  • ゴツゴツした肌がなくなる
  • 顔の脂っぽさがなくなる

といったメリットもあります。

老化を防ぐという意味だけじゃなくて、青ひげがなくなったりゴツゴツした肌が滑らかになると見た目もかなり若返ります。僕は童顔ということもあって、ヒゲ脱毛した後は10歳くらい若く見られるようになりました。

ヒゲ脱毛で肌の老化が早くなることはありません。

むしろ肌のことを考えると、ヒゲ脱毛をした方が肌のためにはいいし、何より青ひげのカッコ悪さやカミソリ負けの痛みがなくなることは、これ以上ない解放的なことですよ!

 - ヒゲ脱毛の疑問