ヒゲ脱毛計画

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロン、医療脱毛をご紹介

濃いヒゲとカミソリ負けで悩む日々【ヒゲ脱毛の体験談】

最終更新日: 公開日:

今回から、僕のヒゲ脱毛の体験談をまとめていきます。

  • 濃いヒゲに悩む日々
  • ヒゲ脱毛をするきっかけ
  • ヒゲ脱毛のお店選び
  • ヒゲ脱毛の脱毛体験
  • ヒゲ脱毛から5年経過した状態

など、僕の実体験を書いていきます。

僕のヒゲ脱毛の体験談を読んで、少しでも共感してくれたり、ヒゲ脱毛に詳しくなって安心してヒゲ脱毛を受けてもらえれば幸いです。

ヒゲが濃くなってきた大学時代

taiken_nayami

僕がヒゲの濃さで悩むようになったのは大学時代です。

もともと体のムダ毛も濃くて、腕毛やすね毛に悩んでいたのですが、大学三年生になった頃からヒゲがモジャモジャと生え始めました。

周りの同級生を見ても、僕ほどヒゲが濃い人はいなくてそれだけで恥ずかしい思いをしていたのに、さらに追い打ちをかける事実がありました。

青ひげです。

濃いヒゲが嫌だったので毎日キレイに剃っていたのですが、鏡に映る自分の顔が青くなっていることに気づきました。特にヒゲの濃い鼻下やアゴは青々としてめちゃくちゃカッコ悪い!

当時は大学生でもヒゲをオシャレに伸ばすことが流行っていたので、僕も鼻下とアゴのヒゲを伸ばしてなんとか誤魔化していました。

カミソリ負けの痛みに悩む社会人時代

大学時代はヒゲを伸ばすことで青ひげを誤魔化してきましたが、社会人になるとそうもいきません。僕はサラリーマンだったので、毎日ヒゲを剃ることになりました。

大学のとき以上に濃くなっている青ひげ。

特に僕は童顔だったので、青ひげが顔に似合わずそれも必要以上に目立つ要因でした。

そして、青ひげ以上に悩んだのが、カミソリ負けによる肌の痛みです。

毎朝ヒゲを剃るのですが、ヒリヒリとした痛みが午前中いっぱい続きます。ワイシャツの襟が擦れて痛むのがストレスで、仕事のある平日は、毎朝のひげ剃りが本当に憂鬱でした。

ヒゲを薄くするために試したこと

カッコ悪い青ひげとヒリヒリ痛むカミソリ負けをなんとかしたいと思い、ヒゲを薄くする対策をいくつか試しました。

除毛クリームでヒゲを処理する

cream

僕はヒゲだけじゃなく、腕毛やすね毛も濃かったので、当時は除毛クリームを使ってムダ毛を処理してました。

除毛クリームは毛穴の奥からキレイにムダ毛を処理できるので、その除毛クリームをヒゲの処理に使えば、青ひげもキレイになくなるし、カミソリ負けも無くなると考えました。

結果は、大失敗!

太くて硬いヒゲには除毛クリームは全く効果がありません。
一応ネットとかで調べてキレイになったという情報も見かけましたが、アレは完全にウソですね。

ヒゲは全然落ちないし、ムリに落とそうとして何度もタオルで擦ったら、カミソリ負け以上に肌が痛くなってしまいました。。。

脱毛ローションでヒゲを薄くする

lotion

除毛クリームの後に試したのが、脱毛ローションです。

抑毛効果のあるローションを顔に毎日塗ることで、次第にヒゲが細く薄くなっていくというものです。効果が出るまで3ヶ月はかかるというので、毎日地道に塗り続けました。

結果は、全然ヒゲが薄くならない!

3ヶ月だと期間が短いと思い半年間使い続けましたが、ヒゲは全く薄くなりませんでした。

S.S.C方式の光脱毛」と理論は同じですが、浸透力が違います。光脱毛は、抑毛効果のあるジェルを光の熱で浸透させるから効果があるのであって、ローションを塗るだけでは効果がありません。

もしかすると、女性の細いムダ毛なら効果があるのかもしれませんが、僕の太くて硬いヒゲには全く効果がありませんでした。

濃いヒゲを我慢した6年間

結局、自分でやったヒゲ対策は全く上手くいかず、いつもどおり毎朝ヒゲを剃る日々が続きました。

カミソリ負けの痛みはアフターシェーブローションなどで何とか軽減しましたが、ヒリヒリとした感触はあるし、何よりカッコ悪い青ひげは全く薄くなってません。

そのまま28歳になるまでの6年間、濃いヒゲとカミソリ負けのストレスを我慢する日々が続きました。

濃いヒゲとカミソリ負けで悩む日々(本記事)
湘南美容外科クリニックのメンズ脱毛を選んだ理由
ヒゲ脱毛前のカウンセリング
はじめてのレーザー脱毛の様子を公開
ヒゲ脱毛が完了してから5年後の状態

 - ヒゲ脱毛の体験談